【キャリアゼミコラム Vol.4】就活生必見!プレエントリー活用法!

富山の就活生は情報集めに苦労しますよね。
そんな富山の就活生に向けて、弊社が運営するキャリアゼミに参加いただいている就活生に向けて送ったメッセージを公開します。
富山の就活生の一助になれば幸いです。

要約

  1. プレエントリー≠エントリー
  2. 平均プレエントリー数は30社
  3. 志望業界が決まってない人こそプレエントリーを多目に。

インターンシップ生の地崎です!
今週は雨天から始まりましたね(汗)ですが、3月の雨は6月の花を咲かすとも言います😌
雨にも負けず6月に向けて頑張りましょう!!

さて、今日は皆さんが最近よく見るであろう「プレエントリー」についてお話します。
まず、基本として知ってほしいのはプレエントリー≠エントリーだと言うことです。

エントリーが選考への参加表明だとするならば、プレエントリーは言わば資料請求や無料会員登録といったところです!

プレエントリーすると企業から選考会の案内や選考情報が届くようになります。
しかし、必ずしもプレエントリーしたからといって選考に参加しなければならないというわけではありません。

そのため、プレエントリーは比較的気楽に出来るアクションだと思います。
では、「具体的に何社プレエントリーすべきなのか。」、ここからが皆さんが特に気になるところだと思います。

まず、就活生の平均プレエントリー数は約30社です。
ですが、多くの就活サイトでは50~100社程度のプレエントリーを推奨しています😳

これは途中で受けたい企業が発生してもプレエントリーなしでは受けられない事があるからです😰
そんな思いをするよりは、あまり手間がかからないんだからプレエントリーを多目にしておこうということです。

とはいえ、そんな受けたい所たくさんないよ…という方もいらっしゃいますよね😅
僕もそうでした(汗)
そんなときは以下の方法を試してみてください!

  • 必須 自己分析(やって見たい方向性と絶対やりたくない事を中心に自分の価値観を掴む)
  • 合同説明会参加
  • リクナビ、マイナビの企業検索
  • 働きがいのある会社ランキング
  • 四季報などの業界分析本
  • 友達との会話

…etc

このプレエントリーで今後の数十年の自分達のキャリアが決まる可能性もあります!
受ける企業数に余裕を持って就活を進めていきたいメンバーは、気持ち多めにプレエントリーするように心がけましょう!!

最後にひとつ注意です!

プレエントリーは多めにするに越したことはないですが、デメリットを挙げるとするならば大切なメールを見逃してしまう恐れがあることです!
プレエントリーすると企業から選考会の案内や企業情報が届くようになります!
それら大量のメールによって大切なメールが埋もれてしまうことがありますので、その点についてはしっかり認識しておきましょう!🙆

明日は、「エントリー」についてお話します!
気になる方はぜひ読んでみてください😊