就職するために最低限超えなければならないハードルについて

狙い

「就職活動は何をすればよいのですか?」という質問を多くの学生から問われます。
この質問に対するシンプルな答えをお伝えするために本記事を作成しました。

もう一度原点に立ち返り、「就職するために最低限必要なことは何であるか」について考えるきっかけとなれば幸いです。

就職するために最低限超えなければならないハードルは、「就職したい企業に対して、自分がどういった価値を提供できるのか」を言語化して伝えられるようになることです。
このハードルさえ超えれば、あとは自由なのです。

自分の「生き方」や「働き方」について考えることも、人生を充実させるという意味ではもちろん必要です。
しかし極端な言い方をすれば、「就職して仕事をしていく」ということだけを考えるならばこれらは必要ありません。
なぜなら仕事とは、相手(企業、クライアントなど様々)が求めている価値(ニーズ)を満たすことができさえすれば成立するからです。

では、どうすれば就職するための最低限のハードルを超えることができるのでしょうか。

  1. 企業が社会に提供している価値について理解する
  2. その価値に対して自分がどう貢献できるのかを理解する
  3. 2を言語化して企業に伝える

という3点が必要になります。具体的に言い換えると

  1. 企業のビジネスモデルについて理解する
  2. 自己分析や他己分析から自分の強みを導き、それが企業のビジネスモデルに対してどう貢献できるかを理解する
  3. 2をESや面接を通じて企業に伝える

ということです。

以上をまとめると、就職するために最低限超えなければならないハードルとは、「就職したい企業のビジネスモデル(サービスや製品を売上に変換する仕組み)を理解し、そこに貢献できる自分の強みを言語化して伝えること」であるとも言えるということです。

ここで、ではビジネスモデルモデルはどうすれば理解できるのか?また、自分の強みはどうすればわかるのか?という疑問が生まれることと思います。
こういった疑問に関しては、別途記事を作成してお伝えするつもりです。